伊豆農業研究センターの生態調査によると、柑橘の肥大は、日向夏と青島温州は平年並み、
その他については大玉傾向で推移しています。果実内容については糖度、酸ともに低い傾向にあります。
近年、木成り甘夏はフケ果が多発する傾向にあり、収量の減少、秀品率の低下が著しくなっています。

詳しくはこちらをご覧ください。

お問い合わせ先: JA伊豆太陽 東部営農センター 0557-95-3614