今年度は総体的に着果が少ない傾向にあります。樹ごと、品種ごとの管理を行い、品質を維持しつつ大玉生産を目的に摘果を実施しましょう。また、夏場の高温・乾燥は小玉・酸高傾向になります。乾燥時は、こまめに潅水を行い減酸・小玉対策を積極的に行いましょう。

 

詳しくはこちらをご覧ください。

お問い合わせ先: JA伊豆太陽 東部営農センター 0557-95-3614