eino_201711kankitusyasin02

柑橘園地にて(下田市)

伊豆農業研究センターの生態調査によると、柑橘の肥大はほぼ平年並みで推移しています。果実内容については、品種によりますが、糖度が低い傾向にあります。今年度は着色遅れが目立ちますが、減酸は進んでいます。収穫が遅れると浮き皮果の発生や過熟による貯蔵中の腐敗果の発生が多くなります。収穫適期を見極め、果実内容や着色の進んだものは、早急に収穫を行ってください。

詳しくはこちらをご覧ください。

お問い合わせ先: JA伊豆太陽 東部営農センター 0557-95-3614