柑橘園地にて(下田市)

 5月8日に行われた着花調査の結果では、温州前年比103%、甘夏前年比120%、日向夏前年比99%、ポンカン前年比147%の収量が予測されています。各品種、着花が多いため、小玉果の発生や樹勢低下、隔年結果などが心配されます。着花が多い樹は、早期摘果や葉面散布の実施などの対策を行いましょう。また、本年は開花が大幅に早く推移しています。自園の状況を把握し、適期に管理作業を行いしましょう。

詳しくはこちらをご覧ください。

お問い合わせ先: JA伊豆太陽 東部営農センター 0557-95-3614