キャッチフレーズ

金融円滑化について

金融円滑化にかかる基本的方針

 当JA伊豆太陽(以下、「当JA」といいます。)は、農業者の協同組織金融機関として、「健全な事業を営む農業者をはじめとする地域のお客さまに対して必要な資金を円滑に供給していくこと」を、「当組合の最も重要な役割のひとつ」として位置付け、当組合の担う公共性と社会的責任を強く認識し、その適切な業務の遂行に向け、以下の方針を定め、取組んでまいります。

  1. 当JAは、お客さまからの新規融資や貸付条件の変更等の申込みがあった場合には、お客さまの特性および事業の状況を勘案しつつ、できる限り、柔軟に対応するよう努めます。
  2. 当JAは、事業を営むお客さまからの経営相談に積極的かつきめ細かく取り組み、お客さまの経営改善に向けた取組みをご支援できるよう努めてまいります。
    また、役職員に対する研修等により、上記取組みの対応能力の向上に努めてまいります。
  3. 当JAは、お客さまから新規融資や貸付条件の変更等の相談・申込みがあった場合には、お客さまの経験等に応じて、説明および情報提供を適切かつ十分に行うように努めてまいります。
    また、お断りさせていただく場合には、その理由を可能な限り具体的かつ丁寧に説明するよう努めます。
  4. 当JAは、お客さまからの、新規融資や貸付条件の変更等の相談・申込みに対する問い合わせ、相談及び苦情については、公正・迅速・誠実に対応し、お客さまの理解と信頼が得られるよう努めてまいります。
  5. 当JAは、お客さまからの新規融資や貸付条件の変更等の申込み、事業再生ADR手続の実施依頼の確認または地域経済活性化支援機構もしくは東日本大震災事業者再生支援機構からの債権買取申込み等の求めについて、関係する他の金融機関等(政府系金融機関等、信用保証協会等および中小企業再生支援協議会を含む。)と緊密な連携を図るよう努めてまいります。
    また、これらの関係機関等から照会を受けた場合は、守秘義務に留意しつつ、お客様の同意を前提に情報交換しつつ連携に努めます。
  6. 当JAは、お客さまからの上述のような申込みに対し、円滑に措置をとることが出来るよう、必要な体制を整備いたしております。
    具体的には、
    (1)組合長以下、関係役員部長を構成員とする「金融円滑化管理委員会」にて、金融円滑化にかかる対応を一元的に管理し、組織横断的に協議します。
    (2)信用事業担当理事を「金融円滑化管理責任者」として、当JA全体における金融円滑化の方針や施策の徹底に努めます。
    (3)各支店に「金融円滑化管理担当者」を設置し、各支店における金融円滑化の方針や施策の徹底に努めます。
  7.  当JAは、本方針に基づく金融円滑化管理態勢について、その適切性および有効性を定期的に検証し、必要に応じて見直しを行います。

附則
  この方針は、平成22年1月28日から施行する。
(改正日)
  この方針は、平成25年4月1日から実施する。

金融円滑化に向けた取り組みについて

 JA伊豆太陽は、農業および地域金融における円滑 な資金供給を最も重要な社会的役割の一つと位置づけ、その実現に向けて取組んでおります。
 今般、下記のとおり、金融円滑化にかかる取組みの基本的方針(別添)を制定し、取組み体制を強化いたしました。
 当JAでは、この方針に基づきまして、お客さまからのご相談等にはより一層丁寧な対応を心掛けてまいります。

  1. 金融円滑化にかかる基本的方針(別添
  2. 金融円滑化の実施に向けた体制の強化
    当JAは、本方針を適切に実施するため、以下のとおり体制を強化しております。
    (1)適切な金融円滑化管理態勢を確立するため、金融円滑化管理規程を策定いたしました。
    (2)お客さまからの相談等に対して迅速かつ適切に対応するため、金融円滑化管理責任者・金融円滑化管理担当者・金融円滑化管理責任部署を設置し、金融円滑化に向けた体制を強化いたしました。
    (3)金融円滑化に関する役職員の教育・研修等の実施により資質向上に努めます。
  3. 金融円滑化にかかる苦情・相談窓口の設置
    以下の本支所の「ご相談窓口」にて、お客様からの貸出条件変更等にかかるご相談に応じております。
    1.お客様ご相談窓口
    (1) 平日 ご来店でのご相談受付時間 午前8時30分から午後3時
      お電話でのご相談受付時間 午前8時30分から午後5時
     下記の各該当支店の融資窓口までご用命ください。
店舗名 所在地 電話番号
本店融資審査課 下田市東本郷1丁目12-8 0558-23-6014
稲取支店 東伊豆町稲取2804 0557-95-1211
熱川支店 東伊豆町奈良本241 0557-23-1255
南城東支店 東伊豆町片瀬552-1 0557-23-2250
下河津支店 河津町笹原341 0558-32-0303
上河津支店 河津町湯々野141-9 0558-35-7234
中部支店 下田市東本郷1丁目12-8 0558-22-1713
稲梓支店 下田市椎原290-1 0558-28-0003
稲生沢支店 下田市立野136 0558-22-0319
白浜支店 下田市白浜1259-6 0558-22-0861
柿崎店 下田市柿崎22-9 0558-22-0041
須崎店 下田市須崎565 0558-22-0455
下田支店 下田市2丁目2-31 0558-22-0814
朝日支店 下田市吉佐美937-1 0558-22-0582
南中支店 南伊豆町上賀茂5-1 0558-62-0511
竹麻支店 南伊豆町湊1178-1 0558-62-0305
三坂支店 南伊豆町一色369-2 0558-62-2233
松崎支店 松崎町江奈171-1 0558-42-0119
岩科店 松崎町岩科北側167-3 0558-42-0009
三浦店 松崎町石部18-1 0558-45-0014
中川支店 松崎町峰輪52 0558-43-0125
仁科支店 西伊豆町仁科1296-1 0558-52-0036
田子支店 西伊豆町田子1159-1 0558-53-0180
宇久須支店 西伊豆町宇久須424-1 0558-55-0236
安良里支店 西伊豆町安良里635-1 0558-56-0301
  1. 中小企業者等の事業改善または再生のための支援にかかる体制
    金融円滑化責任部署(または、金融円滑化管理協議会等)を中心に経営改善または再生のための支援について真摯に取組むとともに、役職員の資質向上に努めます。

以 上

金融円滑化にかかる基本方針、体制の概要および実施状況

平成25年11月15日
伊豆太陽農業協同組合

 当組合は,農業者の協同組織金融機関として,「健全な事業を営む農業者をはじめとする地域のお客さまに対して必要な資金を円滑に供給していくこと」を,金融機関として最も重要な役割の一つであることを認識し,その実現に向けて取組んでおります。
 「中小企業者等に対する金融の円滑化を図るための臨時措置法」(以下,「金融円滑化法」という。)は終了しましたが,引き続き当組合の金融円滑化にかかる措置の実施状況について公表いたします。

  1. 金融円滑化にかかる措置の実施に関する方針の概要
    当組合では,金融の円滑化に関する基本方針を定めた「金融円滑化にかかる基本的方針」を,理事会にて,以下のとおり制定しております。

    金融円滑化にかかる基本的方針(概要)
    1.新規のご融資・お借入条件の変更等のお申込みに対する,柔軟な対応
    2.お客さまの経営相談等,経営改善に向けた取組みへの支援
    3.新規のご融資・お借入条件の変更等のご相談・お申込みに対する適切かつ十分な説明
    4.新規のご融資・お借入条件の変更等に関する苦情相談への公正・迅速・誠実な対応
    5.当組合の金融円滑化管理に関する体制

    (注)方針の全文については,平成22 年1月28 日に公表しております。
    『金融円滑化にかかる基本的方針』(別添

  2. 金融円滑化にかかる措置の状況を適切に把握するための体制の概要
    当組合では,金融円滑化にかかる措置を適切に把握し対応するため,以下の体制を整備しております。
    (1)組合長以下,関係役員部長を構成員とする「金融円滑化管理委員会」にて,当組合の金融円滑化にかかる対応を一元的に管理し,組織横断的に協議することとしております。また,協議内容については,定期的に理事会へ報告することとしております。
    (2)信用事業担当理事を「金融円滑化管理責任者」,金融部を「金融円滑化管理責任部署」として,当組合全体の金融円滑化にかかる対応状況を把握することとしております。
    (3)各支店に「金融円滑化管理担当者」を設置し,各支店における金融円滑化にかかる対応状況を把握し,金融部へ報告することとしております。
    (4)各支店では,金融円滑化にかかる取引の実施状況について,記録を作成し,当該記録は5年間保存することとしております。
  3. 金融円滑化にかかる措置に関する苦情相談を適切に行うための体制の概要
    (1)お客さまからの,金融円滑化にかかるご相談の窓口を金融部に設置しているほか,各支店においても承っております。
    (2)お客さまからの,当組合の金融円滑化にかかる措置に対する苦情については,苦情等統括部署に受付窓口を設置しております。また,各支店で苦情を受けた場合には,当組合所定の手続きに従って,速やかに苦情等統括部署に連絡をし,苦情等統括部署と各支店が連携のうえ,適切な対応を実施する体制を整備しております。
    『金融円滑化に向けた取組みについて』(別添
    ≪第2対応状況を把握する体制および第3苦情・相談対応の体制は次図icon_pdfの通りです≫
  4. 金融円滑化にかかる措置をとった後において、当該措置にかかる中小企業の事業についての改善又は再生のための支援を適切に行うための体制の概要
    (1)条件変更を行った中小事業者の経営状況の継続的把握および経営改善指導を行う体制について記載
    (例)金融円滑化責任部署(または,金融円滑化管理協議会等)を中心に,お借入条件の変更等を行ったお客さまの経営状況や経営改善計画の進捗状況を継続的に把握し,必要に応じて経営改善又は再生のための助言等を行う等,お客さまへの支援について真摯に取り組みます。
    (2)条件変更を有無に関わらず金融機関としてのコンサルティング機能発揮について記載
    (例)特に,農業者のお客さまに関しては,当組合の営農部門とも連携し,経営相談等行う体制を整備しております。
    (3)(1)(2)の機能発揮のための研修等人材育成について記載
    (例)また,経営相談,経営改善・再生のための支援能力向上のため,当組合職員に対し,必要な研修,指導を行っております。
  5. 貸付条件の変更等の実施状況
    貸付けの条件の変更等の申込みを受けた貸付債権の実施状況icon_pdf(PDF 58.5KB)

 

PAGETOP
Copyright © JA伊豆太陽 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.