キャッチフレーズ

広報

koho_title_01

koho_menu_01  koho_menu_02

平成31年春、JA伊豆太陽管内で2つの直売所がオープンします

竹麻支店 起工式              稲取漁港直売所 起工式

kou_2018kikoushiki1 OLYMPUS DIGITAL CAMERA             

青市店の敷地内にて 挨拶をする進士組合長   東伊豆町役場前にて(同町より提供写真)

JAは9月5日、新設される竹麻支店の起工式を開きました。同支店は産直市場が併設され、全体の面積は約32坪。JAや静岡県経済連、長田建設など関係者らが出席しました。JA進士組合長は「南伊豆の基幹支店として、地域の皆様に一層のご愛顧をお願いしたい」と話しました。竹麻支店は来年春に完成する予定で、現在、南伊豆町湊にある竹麻支店は平成31年3月で閉店します。

また、来年4月オープン予定の稲取漁港直売所の起工式が8月21日、行われました。売り場面積は約45坪で、海産物と農産物を販売します。起工式は事業主体の伊豆漁協(佐藤泰一組合長)、JA、国土交通省副大臣、東伊豆町長らが出席し、工事の安全を願いました。佐藤組合長は「JAの指導を仰ぎながら、浜や町の活性化に寄与したい」と話しました。

参議院議員らと青壮年部が意見交換

 kou_2018seisounennikennkoukann

 JA伊豆太陽青壮年部は8月23日、中山間地域である伊豆の生産現場を知ってもらうことを目的に、岩井茂樹衆議院議員と農林水産省の職員を招き、稲取支店で意見交換会を開きました。県内JA初の取り組みです。青年部は各自の課題を見つけて解決につなげる「ポリシーブック」をもとに販売、広報、制度改革、鳥獣害問題、災害対策5つの大枠に意見を出し合いました。岩井議員と農林水産省の職員は現状を踏まえて回答し、国が進める農業政策についても紹介しました。

夏休みクッキングフェスタ大盛況

kou_2018cookingfes

 JA伊豆太陽女性部は7月27日、31日、8月1日の3日間、地域のこどもたちへ食の大切さを伝えることを目的に、夏休みクッキングフェスタを管内3会場で開きました。県JA女性組織協議会が米の消費拡大を進める「ニコ・ニコおむすび大作戦」にちなみ、おむすびを中心に調理。こどもたちや保護者が参加し、地元の食材を使い女性部と一緒に料理を楽しみました。全地区で約150人が参加し、567個のおむすびを完成させました。

ニューサマーオレンジゼリー発売

kou_2018jelly

 神奈川県小田原市にある加工品メーカー(株)しいの食品は、8月1日からニューサマーオレンジゼリーの販売を始めました。伊豆特産のニューサマーオレンジを多くの人に知っていただき、産地や生果にも興味を持って欲しい思いから、JA伊豆太陽販売課は2018年2月から同メーカーと商品企画を進めてきました。同メーカーはポスターやパッケージにもこだわり、JAの出荷箱のデザインを活用。爽やかな色合いが目を引きます。JA管内のニューサマーオレンジの果汁を使ったゼリーは、口当たりがよくフレッシュな味わいが特徴。1口サイズのゼリーは12個入りで、メーカー希望小売価格540円。ベイステージ下田などで販売しています。

イズスプレッド発売

 kou_2018izuspread

 三島市でゼリーなどを販売するウェルエル(株)はパンやクラッカーにつけて食べる「IZU SPREAD」(イズスプレッド)の販売を7月23日から始めました。果実に近い美味しさを追求したスプレッドは、糖度20%で「ニューサマーオレンジ」「だいだい」「甘夏みかん」「イチジク」の4種類。イチジクを除く3種類は全てJA伊豆太陽管内の果実を使っています。JA販売課がウェルエル(株)に原料を提供。手搾りなので香りや味わいがバランスよく、すっきりとした甘さが特徴です。スプレッドは1個(120㍉㍑)メーカー希望小売価格520円で、ベイステージ下田などで販売中です。

 

PAGETOP
Copyright © JA伊豆太陽 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.