柑橘園地にて(東伊豆町)

10月7日に行われた賀茂柑橘研究会の調査によると、肥大は平年並みの傾向で推移しています。収穫前まで樹上選果を徹底し秀品率の向上に努め、家庭選果作業の短縮につなげましょう。近年、木成り甘夏はフケ果が多発する傾向にあり、収量の減少、秀品率の低下が著しくなっています。冷風入庫してロスを減らしましょう。

詳しくはこちらをご覧ください。