柑橘園地にて(河津町)

伊豆農業研究センターの生態調査によると、柑橘の肥大については川野ナツダイダイはやや大玉、ヒュウガナツは小玉傾向で推移しています。内容品質については、糖が高く、酸が低い傾向となっています。近年春先の降雨により甘夏やニューサマーの果皮障害が多発し、収穫量や秀品率に大きな影響を与えています。天候には十分注意し、状況に応じて早期に収穫し貯蔵するなど対応をしてください。

 

詳しくはこちらをご覧ください。