キャッチフレーズ

営農

eino_title_01

eino_menu_01  eino_menu_02  eino_menu_03  eino_menu_03

柑橘12月の管理について

柑橘園地にて(東伊豆町)

伊豆農業研究センターの生態調査によると、柑橘の肥大はやや小玉傾向で推移しています。果実内容については、品種により差がありますが、糖酸ともにやや高い傾向にあります。今年度は、秋季の高温で着色が遅れ気味となっていますが、適期収穫を心掛けてください。

詳しくはこちらをご覧ください。

静岡県の病害虫発生予察情報について

静岡県病害虫防除所より12月の静岡県病害虫発生予察情報が発表されました。

こちらをご覧ください。

お問い合わせ先:静岡県病害虫防除所 0538-36-1543

病害虫防除所HP  → http://www.agri-exp.pref.shizuoka.jp/boujo/boujo.html

病害虫防除基準HP → http://www.s-boujo.jp/

柑橘11月の管理について

柑橘園地にて(東伊豆町)

10月7日に行われた賀茂柑橘研究会の調査によると、肥大は平年並みの傾向で推移しています。収穫前まで樹上選果を徹底し秀品率の向上に努め、家庭選果作業の短縮につなげましょう。近年、木成り甘夏はフケ果が多発する傾向にあり、収量の減少、秀品率の低下が著しくなっています。冷風入庫してロスを減らしましょう。

詳しくはこちらをご覧ください。

静岡県の病害虫発生予察情報について

静岡県病害虫防除所より11月の静岡県病害虫発生予察情報が発表されました。

こちらをご覧ください。

お問い合わせ先:静岡県病害虫防除所 0538-36-1543

病害虫防除所HP  → http://www.agri-exp.pref.shizuoka.jp/boujo/boujo.html

病害虫防除基準HP → http://www.s-boujo.jp/

柑橘10月の管理について

柑橘園地にて(下田市)

伊豆農業研究センターの8月末の生態調査で、果実肥大はほぼ平年並みからやや小玉傾向で推移しています。また、内容品質は糖が高く、酸が低い傾向となっております。今月は早生温州やポン酢橙などの収穫が始まります。病虫害や収穫の際のハサミ傷等で格外品の発生を助長させないように、最後まで丁寧な管理を行いましょう。

詳しくはこちらをご覧ください。

PAGETOP
Copyright © JA伊豆太陽 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.